グランドキャニオンの壮大さに思わず絶句

日本という国は、とても治安が良いですし、。
親切な人も多いですし、四季がしっかり。ありますし、本当に素晴らしい国だと思います。
しかし、日本にも、弱点があります。それは、広大な自然がないということです。繊細な美しい自然はありますが、。スケールの大きい、広大な自然を味わえるところは。なかなかありません。それを実感したのは、アメリカのグランドキャニオンへ行った時です。
その時、私は旅行会社にいたのですが、。
たまたま添乗員として、グランドキャニオンへ。
行く機会がありました。グランドキャニオンには、。
ノースリム(北の崖)。サウスリム(南の崖)。
というのがあって、多くの人は、。
サウスリムへ行くのですが、。
私たちは、今回、ノースリムへ行きました。そこで見た大自然には、本当に圧倒されました
日本でちまちまと生きていた。自分のちっぽけさを痛感させられた。瞬間でもありました。旅というのは、普段の日常から離れて、。
新しい発見ができるというメリットがあります
もちろん、写真やYouTubeでも。見ることが出来ますが、。実際に行ってみて、受ける感動は。また格別のものがあります。
皆さんも、機会があれば、。是非、グランドキャニオンへ行ってみて下さい。

Continue Reading

引越し族の悲しき定め

私は、なぜか引っ越しの多い人生を。過ごしてきました。親が転勤族だったこともあり、。小さい頃から、何度も引っ越しをしてきました。
引越しが多いと、子供はなかなか大変なものです。せっかく、友達が出来て、仲良く出来たと。思ったら、引っ越しというのは本当にショックです。新しい環境にいって、必ずしも、慣れるという訳ではありません。
幼稚園の頃は、よく幼稚園に行くのが嫌で泣いてしましたし、。結構、情緒不安定になっていたところはあります。私があこがれるのは、。故郷が明確にある人です。
引越し族の人は、。「故郷はどこですか」。と聞かれたら本当に困ってしまいます。どこが故郷なのか正直よく分からないからです。帰るべき場所がある人は、本当にうらやましいと思いますあまりにも引っ越しが多いので、。途中から、自分の人生とスナプキンを重ね合わせるようにしています
「どっちから来たの?」。「あっち」。「どこへ行くの?」。「そっち」。自分は、そんなさすらいの人生を過ごしていくんだと。思って、一生懸命自分の気持を整理したりしていました^^;。気が付けば、今は、韓国で生活しています。そして、もうしばらくしたら、また引っ越しをする予定です。さて、これから私はどこへ行くのやら・・・。

Continue Reading

息子の離乳食作りの手抜き術

最近、息子の離乳食が始まり、毎日悪戦苦闘しています。当初の予定では、おかゆくらいは作ってみて、あとは市販品に頼ろうと思っていました。しかし保育園で、市販品は味が濃いので。なるべく自分で作るよう指導を受けました
市販品ばかり与えていると、濃い味好きになるようです。
また、離乳食が始まったころにお菓子も与えて、外出先でも楽をしようと考えていましたが、それもあまり良くないそうです。たとえば、たまごボーロなんかは、赤ちゃん用であっても、甘みが強いそうなのですだから、そういう味を早くから覚えさせない方が良いとのことでした。だから、お菓子の解禁も1歳を過ぎてからの方が、良いようです。
私は、昼間は仕事をしていることもあり、育児と家事をこなすだけでも、毎日てんやわんやしています。
そんな中での離乳食作りは、正直言って面倒くさいです。
そこで、色々な知恵を借りてできるだけ楽をするようにしています。
おかゆも、大人用のご飯を炊く時に一緒に作ったり、お味噌汁の具材を活用して、すり鉢で潰し、更に冷凍をしています。そういった小さな工夫で、随分と負担が軽減されているように感じます。何事も適度な手抜きが大事だと、改めて実感しました。

Continue Reading

韓国のパンもうまくなったもんだ

韓国へ行って、パンを買って食べた時、。「本当に、まずいなあ」。と思っていました。韓国のパンって、昔はパサパサしていて、。味気ない印象があったんですけどね。
でも、最近、韓国に行って、パンを食べると、。「随分、うまくなったなあ」と感じることが多くなりました特に韓国で有名なのは、パリズバケットという。チェーン店なのですが、ここのパンは、。かなりうまいです。韓国のパンを作る技術も随分、。進歩したんだなあとしみじみ実感しました。でも、その代わり、。「本当に高いなあ」と感じるようにもなりましたちょとしたパンでも、150円ぐらいして、。
「どんだけー」という感じです。昔は韓国も物価が本当に安かったんですんけどね
それだけ、韓国も段々、社会が発達してきた証拠かも。しれませんが、自分としては、昔ながらの。韓国が好きなので、ちょっと寂しい気もしています。
ということで、韓国へ行かれる機会がありましたら、。是非、一度、パリズバケットのパンを賞味してみて下さい。

Continue Reading

夏においしいゴーヤチャンプルー

毎日暑さが厳しくなってきましたが、夏野菜がずいぶんと出回るようになりました。その中でも我が家で人気のあるのが、ゴーヤなのです。ゴーヤというと、豚肉や卵と痛めた料理の、ゴーヤチャンプルーが有名ですが、我が家ももちろん、大好きです。ただ、ゴーヤチャンプルーの味付けなどは、家族でも少し好みの違いがありまして、私はゴーヤの苦みが大好きで、あれこそゴーヤを食べる醍醐味!という風に感じているのですが、うちの旦那は苦みがあるゴーヤチャンプルーは苦手だと言います。私が苦みがおいしいんだよと伝えても、え~?というので、私の気が向いたときは、夫の為に苦みがないゴーヤチャンプルーを作ってあげます
ゴーヤは完全に火が通ると、苦みが消えていきますが、私は少し苦みがある段階で火を通すのをストップしてしまうのですね
しかし、旦那の分のゴーヤは別に取り分けて、そのままもう少し火を加えて、苦みをなくすようにしています。途中までは調理の仕方は一緒ですが、最後は苦くないゴーヤと苦いゴーヤとフライパンに分けて、それぞれの材料を入れて炒めてお皿に入れて出すようにしています。しかし、これはあくまで気が向いたときだけ、作る者の特権で、私の好きな味で作るようにしているのです。
ちょっと旦那にはかわいそうかな、なんて思うのですが、まあいいかで終わってしまっています。

Continue Reading

木曜日に外食をすると

週休二日で働いています

最近は、5日間が待てないぐらい、暑いので疲れます

ついつい、楽をしたくなります。おとといは暦的にウナギを食べる人が多いのか、マンションの窓から、ウナギの美味しそうな匂いがしてきて、つられて、昨日我が家もウナギを3匹買いました。

国産でしたが、子供はお肉の方が良かったようでしした。
そして、今日木曜日に、またまた、しんどくて外食に行きました。

焼肉を食べて、ちょっとドライブして気分を替えると、家庭内にも良い雰囲気になるかなと、普通に考えるのでしたが、

二男は、外食中に煙で鼻がつまり、頭が痛くなったようで、その後のドライブも、車のエアコンで、もっと鼻が詰まったようで、
頭が痛いの連発で一緒に行っていた私と長男もうるさくて仕方がありませんでした。

良かれと思った事が、いつも通りの頭が痛い日常に戻りました。

ああ、この子らをほっといて美味しい料理をゆっくりと食べてのんびりしたいと思うのでした

金曜日まで元気が持たなくて、また、週末も土曜日はあってないようなものなので、家事も用事もできるものは1日先倒しで、していこうと思います。

そうすると、余裕がうまれて、休日が充実してくると思うからです。

Continue Reading